ご挨拶

会長 庄子清典

私たちは現実を見つめながら高齢者の尊厳を保持する介護サービスをめざします。

当協議会(通称 仙台市老施協)は社会福祉法人が経営する特別養護老人ホームなどの老人福祉施設等の協議会であり、仙台市にお住いの高齢者の福祉の向上を目指す団体であります。
私たちは高齢者の福祉の向上のために様々な活動を行っておりますが、整理してみると次の二つの活動が大切になってきます。

一つ目は、高齢者の尊厳を護る活動です。高齢者一人一人にその方ならではの固有の尊厳がありますので、一人一人に寄り添い声無き声にも耳を傾け、その方の固有の尊厳を理解するように努めてまいります。
ですから、「介護」とは身体介護のことだけではなく「介入してその方の尊厳を護る」という意味に解釈できると思います。介護保険法の第一条に「...尊厳を保持し、...」とあり、尊厳を護ることは高齢者の幸い(福祉)の支援の前提となります。
私たちは総務・組織委員会、施設推進委員会、在宅委員会、研修委員会、看護・ケアマネ委員会などを設けて、上記のことを実現するために調査・研究・研修等を実施しております。

二つ目は、行政や社会市民と連携する活動です。高齢者だけではなく介護をしている家族や事業所の介護員等の声に耳を傾け、家庭や介護現場の現状を把握し、それを行政や社会に知ってもらうことによって、より良い制度や仕組みにつなげていく活動です。
家族介護がどれだけ大変なことなのかとか、介護の仕事がどれだけ崇高で尊い仕事なのかというようなこと等を行政や市民と共有することによって、社会保障制度が良くなっていくように働きかけていかなければならないと考えているからです。
私たちは、経営制度委員会、広報委員会、21世紀委員会、災害対策実行委員会などを設けて、行政や市民との情報交換を実施してまいります。

しかしながら、仮に上記の活動が良好に進んだとしても、現状の絶対的な「介護人材の不足」が解消しない限り要介護高齢者及びその家族の苦しみは増大する一方であり、「介護人材の創出」は国を挙げて取り組まなければならない喫緊の課題であります。
私たちは社会が抱いている介護に対する誤解を解き、高齢者の幸せのお手伝いをする介護という素晴らしい仕事を社会にもっと知ってもらい、多くの方が介護を見守り応援してくれるよう「介護人材の創出」に力を注いでまいりたいと考えております。

皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

仙台市老人福祉施設協議会

〒980-0022
仙台市青葉区五橋2丁目12番2号
TEL.022-223-2142
FAX.022-263-0267

アクセス

周辺地図はこちら

このページの先頭へ